ホーム > 平時煎餅本店 (平治煎餅)
「平治煎餅」は大正二年、初代が津市の阿漕海岸が題材の謡曲「阿漕」などで有名な物語「阿漕平治」からモチーフである笠の形が生まれました。 物語の内容は、阿漕海岸の近くに住む漁師・平治。母親が病気で元気になってもらおうと、伊勢神宮御用達の禁漁区から「ヤガラ」という細長くて栄養価の高い魚を獲って食べさせていました。しかし平治は浜辺に笠を置き忘れ、それが証拠となり捕まります。 その悲しい物語に出てくる平治を偲び、忘れた笠を形どったお菓子が「平治煎餅」です。
現在、商品はございません。